【福永洋一記念】(高知) 断然人気ララメダイユドールが4馬身で楽々4連勝達成 [News]
2022/05/31(火) 21:09
 31日(火)高知競馬場で行われた第13回福永洋一記念(1600m)は、3番手を追走した断然1番人気のララメダイユドール(宮川実騎手)が1分43秒7、4馬身差の圧勝で、転入後4連勝、重賞2連勝を飾った。逃げた3番人気のリワードアンヴァルが2着、さらに3馬身差の3着は4番人気のアメージングラン、2番人気のダノングッドはさらにクビ差の4着に終わった。

 勝ったララメダイユドールは父ゴールドアリュール、母テイクザケイク(その父スキャン)の牡8歳・鹿毛馬、高知・打越勇児厩舎の管理馬。通算成績29戦7勝、高知転入後4連勝、重賞は前走の二十四万石賞に続いて2勝目となった。

 鞍上の宮川実騎手は福永洋一記念を2年ぶり4勝目、管理する打越勇児厩舎は2年振り3勝目となった。

●レース後のコメント

1着 ララメダイユドール(宮川実騎手)
「永森騎手(リワードアンヴァル)は離れていましたけど、上田騎手(ダノンジャスティス)の横にいればという頭がありました。向正面でゴーサインを出したらハミをくわえたので、これはいけるかなと感じました。枠的にも、自分がゲートをミスらない限り、自信をもってレースができると思っていたので良かったです。重賞で1番人気を背負う馬に乗せて頂いて、感謝の気持ちで一杯です。本当に素直で勝負根性もいいものがありますし、これから高知競馬場を背負って盛り上げていきたいと思います」

2着 リワードアンヴァル(永森大智騎手)
「追い切りで初めて乗って、ギアがあまり変わらない印象を受けました。なので、無理にペースを落とさずに行きました。勝ち馬が強かったです。それでも粘ってくれたので、やはり力があると思います」

3着 アメージングラン(吉原寛人騎手)
「スタートで少しソワソワしていて、スムーズには出られませんでした。その後はしっかり走ってくれました。団子状態の3着争いで、最後は3着の座をもぎ取ってくれましたし、力があります。今日は何とか馬券内に入れた感じがします。高知の層の厚さを感じました」

4着 ダノングッド(多田羅誠也騎手)
「今日の馬場だと外を回らせた方が良いと思っていました。馬に疲れがあるのか、一時(いっとき)の感じは見られませんでした。今日は前の2頭が強かったです」

(取材:山本直)