4月24日(木)「羽田盃(大井)、ハッピースプリントが圧勝で一冠」ほか [全国競馬情報]
2014/04/24(木) 15:57
●● 重賞レースの結果 ●●

<22日(火)>
 笠松競馬場(曇、重)で全国交流の第23回オグリキャップ記念(2500m、10頭立て)が行われた。
 逃げた4番人気のドリームカトラス(笠松)と4コーナーで先頭に並びかけた1番人気のジャングルスマイル(金沢)の競り合いを、外から差し切った9番人気のリワードレブロン(高知)が優勝。勝ちタイムは2分47秒7。勝利騎手は高知の永森大智。
 2着にジャングルスマイル、3着には3番人気のドリームマジシャン(笠松)、2番人気のエーシンクリアー(兵庫)は7着だった。
 リワードレブロンは父タニノギムレット、母リワードオーガン(母父ブレイヴェストローマン)の牡6歳・鹿毛。高知の雑賀正光厩舎所属。JRAから2011年7月に高知へ移籍。移籍当初から積極的に他地区へ遠征している。2013年4月には一旦JRAへ再転厩したが、今年2月に高知へ復帰した。重賞は2011年10月の黒潮菊花賞(高知)の1勝のみで、久々の重賞制覇を飾った。通算51戦15勝(中央8戦0勝)。

<23日(水)>
 この日開幕した門別競馬場(晴、良)で3歳戦、第38回北斗盃(1200m、12頭立て)が行われた。
 好位4番手で折り合った2番人気のラブミーブルーが、4コーナー手前で外に持ち出すと絶好の手ごたえで先頭に並びかけ、直線に入ると後続を突き放した。最後はクリノエリザベスに詰め寄られたが1馬身1/2差おさえて優勝。勝ちタイムは1分14秒7、勝利騎手は宮崎光行。
 1番人気のクリノエリザベスが2着、4番人気のハーブティーが3着、3番人気のリシャールサーバーは12着だった。
 ラブミーブルーは父サウスヴィグラス、母イゾラトウショウ(母父ティンバーカントリー)の牝3歳・栗毛。北海道の角川秀樹厩舎所属。昨シーズンはブロッサムカップ(門別)で重賞制覇。シーズン終了後に南関東へ移籍し、3戦を消化して北海道へ帰厩していた。通算11戦3勝。

 大井競馬場(晴、稍重)で南関東3歳トリプルクラウンの第1戦、第59回羽田盃(1800m、14頭立て)が行われた。
 前を行く9番人気のホスト(大井)、5番人気のパンパカパーティ(浦和)の直後、3番手の外につけた圧倒的1番人気のハッピースプリント(大井)が楽々と4コーナーで先頭に並びかけると追い出しを待つ余裕を見せ、直線半ばで後続を離して5馬身差の圧勝。勝ちタイムは1分52秒6、勝利騎手は金沢の吉原寛人。
 3番人気のドバイエキスプレス(船橋)が2着、2番人気のドラゴンエアル(川崎)が3着。
 ハッピースプリントは父アッミラーレ、母マーゴーン(母父Dayjur)の牡3歳・鹿毛。大井の森下淳平厩舎所属。北海道所属時の2013年5月にデビュー、サンライズカップ(門別)、北海道2歳優駿(JpnIII・門別)、全日本2歳優駿(JpnI・川崎)と重賞3連覇を飾った。今年は大井に移籍し、京浜盃(大井)に続いて重賞連覇。連勝記録を5に延ばした。通算9戦7勝(中央2戦0勝)、重賞5勝目。



●● 門別競馬で2012年生まれ最初の新馬戦が行われる ●●

 23日(水)、今年のホッカイドウ競馬門別開催が開幕し、9レースにJRA認定スーパーフレッシュチャレンジ(2歳新馬戦、1200m、8頭立て)が行われた。
 逃げた1番人気のカミングオブエイジ、2番手につけたプレミアムトークの直後につけたフィーリンググーが、直線半ばで前の2頭を交わすと3馬身差をつけて勝利。勝ちタイムは1分16秒3、勝利騎手は桑村真明。
 フィーリンググーは父セイントアレックス、母スマートダズル(母父スマートボーイ)の牝2歳・鹿毛。北海道・角川秀樹厩舎所属。