ロンジンワールドベストホースランキング~トップは、初の3頭 [News]
2020/01/23(木) 15:31
 「2019年度ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。2019年1月1日から12月31日までに出走した馬を対象としたもので、国際ハンデキャッパー会議において決定されたものとなっている。

レーティングが115以上の296頭(実頭数)がランク付けされ、日本は44頭が掲載された。115ポンド以上の掲載頭数は2015年および2017年の43頭を上回り、これまでの最高となった。国別では、アメリカ(69頭)、イギリス(45頭)に次いで第3位だった。

2019年のランキングトップはクリスタルオーシャン、エネイブル、ヴァルトガイストの3頭で、レーティングは128。クリスタルオーシャンはプリンスオブウェールズステークスを勝ったほかG3を2勝し、2着に敗れたキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスはクビ差、インターナショナルステークスはアタマ差で、シーズンを通して安定した成績だった。エネイブルはキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスでクリスタルオーシャンに勝ったほか、ヨークシャーオークスとエクリプスステークスも1着で、3連覇のかかった凱旋門賞こそ2着に敗れたが、こちらも安定した成績で2017年と同じ自己最高のレーティングとなった。ヴァルトガイストはプリンスオブウェールズステークス、キングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスともに3着だったが、凱旋門賞でエネイブルに1馬身3/4差をつけて勝ち、クリスタルオーシャンとエネイブルに並ぶこととなった。ランキングトップが3頭となるのは、主要な競馬開催国の全てを対象としたワールドランキングが発表されるようになってから初めてのこと。

第4位はビューティージェネレーションで、香港のセレブレイションカップ(G3)を他馬よりも14ポンドから20ポンド重いトップハンデで勝ち、レーティングは前年と同じ127だった。

 日本調教馬のトップは、有馬記念を勝ったリスグラシューで第5位タイ。有馬記念を5馬身差で勝ったことが高く評価され、レーティングは126だった。そのほか香港ヴァーズを勝ったグローリーヴェイズが125で第9位タイ、天皇賞(秋)を勝ったアーモンドアイが124で第12位タイ。以下、スワーヴリチャードが121で第29位タイ、ブラストワンピース、インディチャンプ、キセキ、サートゥルナーリア、ウインブライトの5頭が120で第35位タイとなった。またグランアレグリアは、3歳牝馬のトップタイとなる117だった。


(JRA発表による)