【ダイオライト記念】(船橋)~クリソライト早め先頭で完勝、重賞3勝目 [News]
2015/03/11(水) 17:08
11日水曜日、船橋競馬場(晴 不良)では第60回ダイオライト記念(JpnII ダート2400m)が行われ、2番人気クリソライト(JRA)が2番手から早めに先頭に立って押し切り完勝。重賞3勝目をマークした。

前走で大井の金盃を逃げ切ったアウトジェネラル(大井)が逃げ、クリソライトは2番手に控える。3番手に地元船橋サミットストーン、並んでアスカノロマン(JRA)。直後にトウシンイーグル(JRA)、ドラゴンエアル(川崎)、インサイドザパーク(船橋)と続いて1周目スタンド前を通過。2周目の向正面でクリソライトが早めに交わして先頭に立ち、アスカノロマンが追う形に。その後ろからトウシンイーグルが追撃。しかし直線を向いても差は詰まらず、クリソライトが悠々と押し切った。

勝ちタイム2分33秒6、勝利騎手はJRA・武豊。

ゴール寸前で5番人気トウシンイーグルが2着に浮上。鞍上アンドレアシュ・シュタルケ騎手はこれが日本の地方競馬初騎乗だった。3番人気アスカノロマンが3着。1番人気サミットストーンは勝負どころで遅れ、7着に終わった。

クリソライトは父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)、牡5歳鹿毛馬。JRA栗東・音無秀孝厩舎の管理馬。通算成績は21戦6勝、重賞は13年ジャパンダートダービー、去年の日本テレビ盃に続く3勝目となった。

<レース後のコメント>
1着 クリソライト 武豊騎手
「乗る前は、勝つときは強い半面、脆さもあると思っていました。今日は先手が取れれば取ろうと考えていましたが、あまり速くなかったので外の2番手になりました。行きたがっていましたが、スタミナがあるのか最後までバテませんでした。早め先頭で押し切るという自分の形になれば強いですね。自分自身、今年最初の交流重賞を勝てて、いい遠征ができました」

音無秀孝調教師
「騎手には、特に指示は出さず、揉まれないようにとだけ話していました。今日はうまくいきました。日本テレビ盃同様、この形が理想ですね。長い距離で緩いペースになり、見た目に掛かっていたように見えても、この形が向いているように思います。今後に関してはオーナーサイドと相談しますが、かしわ記念には出走したいですね」

2着 トウシンイーグル A.シュタルケ騎手
「コーナーごとに位置を上げていきたかったのですが、コーナーごとに内に張ってしまい、減速しなければならず、苦労しました。直線はしっかりと伸びていただけに残念でした」

3着 アスカノロマン 太宰啓介騎手
「理想的な位置でレースができました。4コーナーでクリソライトをつかまえるだけだと思っていましたが、そこから思ったほど伸びてくれませんでした。自信があっただけに残念です」

7着 サミットストーン 石崎駿騎手
「今日に関してはこの馬のパフォーマンスが見せられませんでした。道中は勝った馬の後ろをキープできましたが、左回りで見せるモタれる面が今日は特に出ていました」

(取材:山本直)