2月23日(月)「山口勲騎手(佐賀)、地方通算3500勝達成」ほか [全国競馬情報]
2015/02/23(月) 16:59
●● 大観峰賞(佐賀)、トゥータフが初勝利 ●●
 21日(土)、佐賀競馬場(雨、良)で3歳馬の重賞、第3回大観峰賞(1750m、10頭立て)が行われた。
 2周目4コーナーで先頭に立った4番人気のトゥータフが、3番人気のラッキーウィンダムと1番人気のシゲルウチワマツリの追撃を退けて優勝。タイムは2分01秒3、騎乗は田中純也騎手。
 2着にラッキーウィンダム、3着にシゲルウチワマツリ、逃げた2番人気のマイディスティーノは最下位10着に敗れた。
 トゥータフは父サウスヴィグラス、母ファイトソング(母父アサティス)の牝3歳・鹿毛。17戦目の初勝利が重賞初制覇となった。

●● 飛燕賞(佐賀)、ダイリンザンが重賞2勝目 ●●
 22日(日)、佐賀競馬場(曇、不良)で3歳馬の重賞、第11回飛燕賞(1800m、11頭立て)が行われた。
 逃げた6番人気のレアファルコン、2番手を追走した3番人気のダイリンザンの2頭が、4コーナー手前から叩き合いを演じ、直線半ばで抜け出したダイリンザンが勝利を挙げた。勝ち時計は1分59秒5、真島正徳騎手の騎乗だった。
 レアファルコンが2着、クビ差の3着にキングプライド、1番人気のソウルケンシは4着だった。
 ダイリンザンは父ヴァーミリアン、母ミレナリオ(母父ラジヤマハール)の牡3歳・黒鹿毛。通算6戦4勝、昨年11月のカペラ賞(佐賀)に続いての重賞2勝目。

●● 山口勲騎手(佐賀)、地方通算3500勝達成 ●●
 22日(日)の佐賀競馬1レースでメイショウハレバレが勝ち、騎乗していた山口勲騎手(佐賀)が地方競馬通算3500勝を達成した。
 山口騎手は1970年生まれの44歳。1987年10月18日にデビューして以来、17924戦目で3500勝を達成した。地方競馬では史上12人目(現役8人目)で、佐賀競馬では鮫島克也騎手に続いて史上2人目の記録。
 山口勲騎手のコメント「いつも応援ありがとうございます。これからも1レース1レース頑張って騎乗しますので、応援よろしくお願いします」
(佐賀競馬のリリースによる)

●● 大井競馬、45歳以上の会員制クラブ「TCK ELDER CLUB」の会員を募集 ●●
 東京シティ競馬(大井競馬場)では、45歳以上のファンを対象とした有料会員制クラブ「TCK ELDER CLUB」の会員を募集している。
 45歳以上の100名が対象で、年会費は2万円。有効期間は今年6月1日からの1年間。身分証明書(免許証など)のコピー、顔写真(タテ3cm・ヨコ2.5cm)を用意し、大井競馬場内L-WINGの1階にあるChampions TCK専用カウンターで申し込む。募集期間は4月20日まで。
 L-WINGの3・4階の指定席をチケットレスで予約できるほか、指定席を利用する際に専門紙の無料提供、特別室への招待など多くの特典が受けられる。
(東京シティ競馬のホームページによる)

●● 御神本訓史騎手(大井)、左坐骨骨折と診断される ●●
 18日(木)に落馬し、22日(日)のフェブラリーステークス(GI)などの騎乗を取り止めた御神本訓史騎手(大井)が、左坐骨骨折、左殿筋下血腫と診断されたことが特別区競馬組合から発表された。


●● 大井競馬のトリプル馬単、地方競馬の最高配当記録を更新 ●●

 23日の大井競馬で、トリプル馬単(三重勝馬番号二連勝単式、3レース連続で馬単を的中させる)の払戻金額が、最低購入単位の50円につき74,767,615円となり、地方競馬史上最高配当を更新した。的中者は2名だった。
 これまでの最高配当は、2014年7月28日に大井競馬のトリプル馬単で記録した40,453,880円だった。
 また、23日の大井競馬におけるトリプル馬単の売り上げは84,008,120円で、トリプル馬単史上最高の売り上げだった。これまでの最高売得金額は、10月24日に大井競馬で記録した62,368,760円。

(大井競馬のリリースによる)