3月31日(月)「ニシノマリーナ、土佐春花賞(高知)で重賞2勝目」ほか [全国競馬情報]
2014/03/31(月) 17:49
●● 重賞レースの結果 ●●

<29日(土)>
 高知競馬場(雨、重)で3歳馬による第2回土佐春花賞(1300m、12頭立て)が行われた。
 3番手集団の一角からレースを進めた2番人気のニシノマリーナが3コーナーで2番手に並びかけると、後続を突き放した4番人気のクロスオーバーを単騎で追い詰め、直線半ばで先頭に立ち、後続に3馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分25秒4、勝利騎手は上田将司。
 クロスオーバーが2着、9番人気のマルチドラゴンが3着、3番人気のマルチヴィグラスが4着、1番人気のクーファシーズンズは10着に敗れた。
 ニシノマリーナは父ヨハネスブルグ、母タイキマリーナ(母父ボストンハーバー)の牝3歳・鹿毛。2013年5月にホッカイドウ競馬でデビューした後、同年11月に高知へ移籍した。通算14戦6勝。重賞は2013年12月の金の鞍賞に続いて2勝目。

<30日(日)>
 高知競馬場(晴、不良)で第2回御厨人窟賞(1400m、10頭立て)が行われた。
 先行勢を行かせて中団で折り合った1番人気のエプソムアーロンが、3コーナー過ぎで先団に接近すると4コーナーで先頭に立ち後続を突き放して快勝。勝ちタイムは1分28秒6、勝利騎手は永森大智。
 先行した2番人気のファイアーフロートが2着、3番人気のオオミカミが3着。
 エプソムアーロンは父エリシオ、母エプソムカラー(母父サッカーボーイ)の牡10歳・鹿毛。JRAから大井を経て、2013年4月に高知へ移籍。移籍後は7連勝を飾るなど短距離戦線で活躍を見せている。通算63戦16勝(中央34戦4勝)、重賞6勝目。



●● SPAT4プレミアムポイントがスタート ●●

 南関東4競馬場の電話投票システム「SPAT4」で、30日(日)から勝馬投票券の購入金額に応じてポイントが貯まり、現金やグッズに交換できるサービス「SPAT4プレミアムポイント」がスタートした。
 4月にはオープニングキャンペーンなどが行われ、通常よりもポイントが多く貯まるサービスが設定されている。

(南関東4競馬場のホームページによる)



●● サンタアニタ競馬場でTOKYO CITY CUP(GIII)が行われる ●●

 現地時間3月29日(日本時間3月30日)、アメリカ・サンタアニタ競馬場でTOKYO CITY CUP(GIII)が行われ、Majestic Harbor(マジェスティックハーバー)が優勝した。当日のサンタアニタ競馬場では、フードフェスティバル「ラーメン横丁」が行われるなどにぎわっていた。

(大井競馬のホームページによる)



●● オッズパークLOTOの払戻限度額が6億円にアップ ●●

 ばんえい競馬、岩手競馬、笠松競馬、兵庫県競馬、佐賀競馬を対象に発売している重勝式勝馬投票券「オッズパークLOTO」の最高限度額が4月1日から、これまでの100円に対して2億円から、6億円にアップされることになった。

(オッズパークのホームページによる)