3月2日(月)「2016年JBC、川崎競馬場での開催が決まる」ほか [全国競馬情報]
2015/03/02(月) 19:03
●● 2016年JBC、川崎競馬場での開催が決まる ●●
 来年2016年の第16回JBCが川崎競馬場で行われることになった。川崎での開催は2012年以来、4年ぶり3回目。
 第16回JBCは2016年11月3日(祝木)に行われ、第16回JBCクラシック(2100m)、第16回JBCスプリント(1400m)、第6回JBCレディスクラシック(1600m)の3競走が予定されている。
 神奈川県川崎競馬組合開催執務委員長の楯岡信一氏のコメント
「この度、2016年第16回JBCの開催場として川崎競馬場が選定されましたことを誠に光栄に存じます。JBC協会並びにJBC実行委員会の皆様をはじめ、JBCの実施に向けご尽力を頂いております関係者の皆様に深く感謝を申し上げます。
 当場での開催は2012年以来3度目となりますが、2016年は、当場隣接地に年間約300 万人の来場を見込む新たな商業施設が開設される年であり、川崎競馬場周辺が「競馬観戦、ショッピング、飲食」が同時に可能となる、日本初の一大レジャーエリアとして大きく変貌を遂げる年です。当場も商業施設のオープンに合わせ、競馬ファンの皆様はもとより、競馬初心者の方でも気軽にご利用頂けるような、幅広いニーズに対応した施設にリニューアルすることを計画しております。
 今後、第16回JBCの成功に向けて、川崎競馬場関係者が一丸となって取り組んでまいりたいと考えておりますので、競馬ファンの皆様、関係者の皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます」
(神奈川県川崎競馬組合の発表による)

●● 重賞レースの結果 ●●

<2月27日(金)>
 名古屋競馬場(晴、不良)で北陸・東海・近畿地区交流の重賞、第16回梅見月杯(1900m、9頭立て)が行われ、逃げたサイモンロード(愛知)が4馬身差の圧勝でこのレース3連覇を決めた。タイムは2分01秒8、勝利騎手は丸野勝虎。
 2着に1番人気のノゾミダイヤ(愛知)、3着に5番人気のティアモブリーオ(兵庫)、3番人気のディアデラバンデラ(笠松)は5着だった。
 サイモンロードは父シンボリクリスエス、母ヒガシリンクス(母父トニービン)のセン7歳・黒鹿毛。通算34戦12勝(中央7戦1勝)で重賞7勝目。

<2月28日(土)>
 佐賀競馬場(雨、重)で第3回嘉瀬川賞(2000m、9頭立て)が行われ、1番人気のコパノエクスプレスが直線で抜け出し、2分12秒3のタイムで勝利。騎乗は真島正徳。
 2着に2番人気のマイネルパルフェ、3着に3番人気のマイネルティンランが入った。
 コパノエクスプレスは父スパイキュール、母マイネセルバ(母父ティンバーカントリー)の牡5歳・栗毛。通算47戦12勝、重賞は高知在籍時とあわせて3勝目。

<3月1日(日)>
 帯広競馬場(雪、4.1%)で行われた第36回チャンピオンカップ(200m、9頭立て)は第2障害を4番手で通過した9番人気のオレノココロが一気の差し切りで優勝。タイムは1分42秒4、勝利騎手は阿部武臣。
 2着に3番人気のコウシュハウンカイ、4番人気のハクタイホウが3着、1番人気のニュータカラコマは5着、2番人気のキタノタイショウは7着だった。
 オレノココロは父がウンカイ、母が富士姫の牡5歳・青毛。通算70戦23勝、重賞5勝目。

 佐賀競馬場(曇、不良)で行われた第2回鏡山賞(2000m、7頭立て)は1周目4コーナーで先頭に立った2番人気のリッカアリュールが押し切った。タイムは2分13秒2、山口勲騎手の騎乗だった。
 1番人気のセイリオスが2着、5番人気のクリーンが3着、3番人気のマイネルガヴロシュは4着だった。
 リッカアリュールは父ゴールドアリュール、母ヤマシロ(母父エイシンワシントン)の牡9歳・栗毛。JRAからの移籍3戦目で初勝利、初重賞制覇。通算37戦4勝(中央35戦3勝)。

●● なでしこチャレンジカップ(佐賀)、鈴木麻優騎手(岩手)が優勝 ●●
 2月28日(土)、佐賀競馬場で女性騎手招待競走「なでしこチャレンジカップ」が行われ、2戦で15ポイント(2、6着)を獲得した鈴木麻優騎手(岩手)が優勝した。2位は岩永千明騎手(佐賀)、3位は別府真衣騎手(高知)だった。
(佐賀競馬のリリースによる)

●● 御神本訓史騎手(大井)が騎乗停止に ●●
 御神本訓史騎手(大井)は、3月2日から4月10日まで騎乗停止となった。
 御神本騎手は2013年2月21日から2014年11月13日までの14回、資格のない者を施術師(騎手調整ルームに出入りできる者)と偽り入室させていた。これは、特別区競馬組合競馬実施規則第19条の規定に基づく開催執務委員指示事項に違反しているため、特別区競馬組合競馬実施規則第73条第1項第1号に基づき、開催日30日間の騎乗停止の処分が決まった。
(大井競馬のリリースによる)

●● 船橋競馬、ホームページをリニューアル ●●
 船橋競馬場は、公式ホームページを3月2日(月)午前10時にリニューアルオープンした。アドレスに変更はない。
 トップページを全面的にリニューアルした。レーシングカレンダーを導入し、開門時刻や場内イベント情報、競馬場へのアクセス情報などを整理した。また、競馬開催期間中は、IPAT発売の有無などが確認できる。
(船橋競馬のリリースによる)