【東京スポーツ杯2歳S】美浦レポート~アグレアーブル [News]
2015/11/19(木) 15:47
 23日(月)に東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳S(GIII)に出走予定のアグレアーブル(牝2)について、斎藤誠調教師のコメントは以下の通り。

・デビュー戦のレース振りは
 デビュー前から岩田騎手が跨ってくれていて、能力を感じてくれたんですが、その通りの脚が使えたと大変喜んでくれたレースでしたので、まだまだ若いですけれども、非常に意味がある初戦だったかな、と思います。
 背中の感じ、手前の変え方、物見をしたように若い馬なんですけども、実戦でちゃんと走れて良かったな、と思います。

・牝馬限定戦ではなくこのレースを選んだのは
 新馬を勝ったら次は、という岩田騎手との会話で、跳びが大きいので、東京コースで1800m以上ならこのレースを目指そうということもあったんですけど、その通りになったので、なるべくしてなったのかな、と思っております。

・1週前追い切りは
 ヌーヴォレコルトに騎乗するために岩田騎手が東上してきて、アグレアーブルにも期待してくれていたので、今週まで3週連続で乗ってくれました。自分で納得いくように仕上げてくれたと思います。

・岩田騎手が騎乗しての最終追い切りは
 先週が結構きつい調教をしましたので、今週は併せ馬だったですけれども、息を整える程度でもういいかな、というのは、岩田騎手ともお互いに認識してました。時計は出てしまうんですね。手応えは楽だったので充分良い調教だったと思います。
 岩田騎手とは「能力がありますね」という話で再確認しました。

・初めての重賞へ意気込みを
 新馬を勝って、まだ馬が若いですけども、スケール、器の大きい子だと思います。力の限り挑戦していきますので、応援よろしくお願いします。


(取材:山本直)