【ジャパンカップ】外国馬情報~2頭が来日、競馬学校で検疫に入る [News]
2014/11/17(月) 18:18
 30日(日)に行われるジャパンカップ(GI)に出走を予定するアップウィズザバーズ(カナダ)が16日に、トレーディングレザー(アイルランド)が17日に来日し、競馬学校国際厩舎(千葉県白井市)に到着した。

 アップウィズザバーズは自国の厩舎からアメリカを経由し、16日23時55分に競馬学校に到着した。輸送時間は26時間程度だった。
 マーク・ラムサミー調教助手のコメントは以下のとおり。
 到着時「長時間の輸送の疲れも無く、調子はいいです。今後は調教師と連絡を取って調教に関する指示を仰いでいく予定です」
 17日「長旅の疲れもとれたようで、体も軽そうです。今日は長距離輸送の後ということで引き運動のみですが、基本的に本国と同じように調整していく予定です」
 アップウィズザバーズは17日、馬体重を測定して482kgだった。

 トレーディングレザーは自国の厩舎からオランダを経由し、17日9時30分に競馬学校へ到着。輸送は23時間程度だった。
 ジェラルド・フリン調教助手の到着時のコメント「輸送には23時間ほどかかりましたが、馬の調子はいいです。調教師からは『レースに勝ってこい』と言われて来ました。今後の調教に関しては、馬の状態を見ながら決めていきます」

(JRA発表)