【兵庫ゴールドトロフィー】(園田)~ニシケンモノノフが2歳時以来、久々の重賞制覇 [News]
2016/12/28(水) 17:54
 28日(水)、園田競馬場(天候・晴、馬場状態・不良)で行われたダートグレード競走・第16回兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII・3歳以上ハンデ・1400m・1着賞金2100万円)は、地元・兵庫から4頭、JRAから4頭、他地区4頭の合わせて12頭が出走した。

 スタートして最初の正面スタンド前。ダッシュを利かせて飛び出して行ったのは地元・兵庫のランドクイーンだった。外からニシケンモノノフが積極的に並びかける。それらを行かせて1番人気ノボバカラが3番手でJRA勢が続く。先行集団3頭の後ろに、岩手のラブバレット、JRAグレープブランデー、兵庫トウショウセレクトが追走し、最初のコーナーへ。

 向正面に入って、ノボバカラが先頭に変わろうとするが、その内からすぐにニシケンモノノフが応戦し、前2頭が並ぶ。その後ろもラブバレット、北海道のオヤコダカ、グレープブランデー、さらに外からJRAドリームバレンチノも加わり4頭一団となった。逃げていたランドクイーンは完全に後退。

 3~4コーナー。前はニシケンモノノフとノボバカラが競り合い、ラブバレットとドリームバレンチノがその後ろから襲いかかろうとする。

 最後の直線。コーナーワークで単独先頭に変わったニシケンモノノフが後続を突き放す。粘るノボバカラをドリームバレンチノが交わし、前を追う。しかし及ばず。最後はニシケンモノノフがクビ差凌いで勝利。勝ちタイムは1分25秒8。鞍上は横山典弘騎手。2番人気だった。2着に3番人気ドリームバレンチノ。ノボバカラは3着に敗れた。

 勝ったニシケンモノノフは父メイショウボーラー、母グリーンヒルコマチ(その父アフリート)という血統の牡5歳・栗毛馬。JRA栗東・庄野靖志調教師の管理馬。通算成績は31戦10勝(うち地方9戦5勝)。重賞は、北海道所属時代の2013年イノセントカップ、同年の園田ジュニアグランプリと合わせて3勝目となった。古馬になってからオープン特別は制するも、重賞にはあと一歩届かないレースが続いていた。鞍上の横山典弘騎手は園田の交流重賞初制覇となった。

レース後の関係者のコメント
1着ニシケンモノノフ(横山典弘騎手)
「馬場が悪いので、前に行けたら行こうと思っていました。一回使って具合が良くなったと調教師は言っていたので自信を持っていました。実際、馬の具合は良かったです。前にいた馬が水先案内人のように良い目標になってくれました。相手(2着馬)も強かったですが、着差はどうあれ勝てて良かったです。(園田には)何回か来ていますが、楽しいです。小回りでジョッキーのテクニックが出るコースだと思います。馬はまだまだ若いですし、これからも頑張ってほしいです」

3着ノボバカラ(内田博幸騎手)
「道中の感じは良かったです。しかし、外枠だったのであれ以上前に行けませんでした。2着は確保してほしいと思っていましたが、最後は苦しくなってしまいました。しかし、先につながっていくと思いますし、まだまだこれからです」

4着ラブバレット(山本聡哉騎手)
「今回は楽に自分の入りたいポジションを取れました。押し出されて逃げるよりは結果的に良かったです。(ゲートは)いつもより少し進みが悪いと思いましたが、それほど影響はありませんでした。外からドリームバレンチノに来られても怯むことはなく、脚を使えていました」

6着グレープブランデー(武豊騎手)
「良い感じでレースができました。しかし、良い頃に比べると闘志が薄れている印象があります」

7着ドリームコンサート(川原正一騎手)
「良い動きをしていました。しかし、持っている能力の差です。年齢も重ねていますから。去年は積極的に行きましたが、今日は行く馬がいますし行ったら潰されるので控えました。掲示板に乗れれば良かったですね。しかし、悪くないですよ」

(取材:米田元気)