ホワイトマズル死す 27歳 [News]
2017/02/27(月) 13:35
 1993年のイタリアダービーを勝ち、種牡馬としてアサクサキングスやスマイルトゥモローなどの活躍馬を残したホワイトマズル(牡27歳)が昨日26日、繋養されていた北海道新ひだか町のレックススタッドで、老衰のため死んだという連絡がJRAに入った。

●レックススタッド・前田暁常務取締役のコメント
「年齢的なことを考慮し、昨年から種付を中止しておりましたが、半月ほど前から足元がおぼつかなくなっており、この日(26日)、起立不全となりました。獣医師、スタッフが懸命の介護をいたしましたが、多くの関係者が見守る中、27歳で大往生を迎えました。多くの活躍馬を残してくれ、当スタッドでもシルポートが後継種牡馬として産駒のデビューを待っております。近年では母の父としても存在感を示してくれており、遺された産駒の活躍を期待するとともに、冥福を祈りたいと思います」

(JRA発表による)

ホワイトマズルはダンシングブレーヴ産駒で、1993年にイタリアダービーを制したほか、1994年にはキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに武豊騎手とのコンビで参戦して2着に入り、凱旋門賞にも出走。武豊騎手の凱旋門賞初騎乗のパートナーとなった。

引退後は日本で種牡馬となり、スマイルトゥモロー(2002年オークス)、イングランディーレ(2004年天皇賞・春)、シャドウゲイト(2007年シンガポール・エアラインズ・インターナショナルカップ)、アサクサキングス(2007年菊花賞)、ニホンピロアワーズ(2012年ジャパンカップダート)など、数々の活躍馬を送り出してきた。