2020年度JRA賞 年度代表馬にアーモンドアイ、特別賞にクロノジェネシスと藤沢和雄調教師 [News]
2021/01/06(水) 14:52
「2020年度JRA賞」受賞馬選考委員会が行われ、記者投票の結果に基づき年度代表馬と競走馬各部門の受賞馬、特別賞を以下のとおり決定した。

○競走馬部門
年度代表馬     アーモンドアイ   (美浦・国枝栄厩舎)
最優秀2歳牡馬   ダノンザキッド   (栗東・安田隆行厩舎)
最優秀2歳牝馬   ソダシ       (栗東・須貝尚介厩舎)
最優秀3歳牡馬   コントレイル    (栗東・矢作芳人厩舎)
最優秀3歳牝馬   デアリングタクト  (栗東・杉山晴紀厩舎)
最優秀4歳以上牡馬 フィエールマン   (美浦・手塚貴久厩舎)
最優秀4歳以上牝馬 アーモンドアイ   (美浦・国枝栄厩舎)
最優秀短距離馬   グランアレグリア  (美浦・藤沢和雄厩舎)
最優秀ダートホース チュウワウィザード (栗東・大久保龍志厩舎)
最優秀障害馬    メイショウダッサイ (栗東・飯田祐史厩舎)
特別賞       クロノジェネシス  (栗東・斉藤崇史厩舎)

○調教師部門
特別賞 藤沢和雄

【特別賞の受賞理由】
・クロノジェネシス:出走馬をファン投票で選出する「宝塚記念」と「有馬記念」の両GIレースで優勝したことを評価したもの。
・藤沢和雄調教師:史上2人目となるJRA通算1500勝という記録を達成した功績を評価したもの。

※1月25日(月)に都内のホテルにおいて、受賞関係者のみで行う予定の「2020年度JRA賞受賞式」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止となる場合がある。

(JRA発表)