第19回北海道スプリントカップ(門別)~シゲルカガが逃げ切り重賞初制覇 [News]
2015/06/11(木) 20:18
 門別競馬場(天候・晴、馬場状態・良)で行われたダートグレード競走・農林水産大臣賞典・日刊スポーツ賞・第19回北海道スプリントカップ(JpnIII・1200m・3歳以上オープン・1着賞金2200万円)は、地元・北海道から7頭、JRAから4頭、他地区3頭の合わせて14頭が出走した。

 ほぼ揃ったスタートから、JRAのシゲルカガが飛び出した。これを追うのが、北海道に転入したポアゾンブラック。その後ろはグランヴァン、ハードデイズナイト、スターライラックの北海道勢や、JRAのタイセイレジェンドと横一線に広がった。

 3コーナーから4コーナーにかけて徐々に隊列が出来始めた。シゲルカガが単独先頭、2番手争いがポアゾンブラックとタイセイレジェンド、4番手集団が北海道のクリーンエコロジーとJRAのアドマイヤサガスなどと続いた。

 最後の直線では、逃げるシゲルカガに、ポアゾンブラックが追い詰める。さらに外から、中団待機のJRA・1番人気のダノンレジェンドも追い上げる。しかし、結局シゲルカガが逃げ切り、重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分12秒5。鞍上はJRAの勝浦正樹騎手。3/4馬身差の2着にポアゾンブラック、さらに3/4馬身差の3着にダノンレジェンドが入った。去年の覇者アドマイヤサガスは4着に敗れた。

 勝ったシゲルカガは父パイロ、母アレグレッツァ(その父シャンハイ)という血統の牡4歳・鹿毛馬。JRA栗東・谷潔調教師の管理馬。通算成績は18戦6勝(うち地方3戦1勝)、重賞は5度目の挑戦で初めての制覇となった。今年になって、1600万下、オープンと連勝し、前走の東京スプリントでは2着と力を付けていた。