上半期JPNサラブレッドランキング、ドゥラメンテが古馬抑えてトップ [News]
2015/08/06(木) 11:48
今年1月1日から7月31日までに行われたレースを対象とした、2015年度上半期JPNサラブレッドがJRAから発表された。

3歳トップは二冠馬ドゥラメンテで121ポンド、全体でも古馬を抑えてトップとなった。東京優駿(日本ダービー)勝ち馬のレーティングとしては、2005年のディープインパクト(124ポンド)、2011年のオルフェーヴル(122ポンド)に次ぐ高い評価となる。3歳の第2位は東京優駿2着、3着のサトノラーゼンとサトノクラウンでともに117ポンド。

3歳牝馬では、桜花賞馬レッツゴードンキと優駿牝馬(オークス)の勝ち馬ミッキークイーンが112ポンドとなった。また3歳ダートは、ジャパンダートダービーを勝ったノンコノユメが112ポイントを獲得した。

4歳以上のトップはゴールドシップとラブリーデイで120ポンド。ゴールドシップは3連覇を果たした阪神大賞典が、ラブリーデイは宝塚記念がそれぞれ対象レースとなった。第3位は高松宮記念を勝った香港のエアロヴェロシティ、安田記念を勝ったモーリス、ジョージライダーステークスを勝ちドンカスターマイル2着のリアルインパクト、ドバイシーマクラシック3着のワンアンドオンリーの4頭で118ポンド。

4歳以上牝馬のトップは、産経大阪杯を勝ったラキシスで116ポンド。ダートでは、フェブラリーステークスを連覇したコパノリッキーが117ポイントでトップの評価、帝王賞を勝ったホッコータルマエが116ポンドで第2位となっている。

(JRA発表)