1月29日(木)「川崎記念(川崎)はホッコータルマエが連覇 GI・8勝目」ほか [全国競馬情報]
2015/01/29(木) 18:31
☆川崎記念(川崎)はホッコータルマエが連覇 GI・8勝目

28日(水)、川崎競馬場(晴 重)では第64回川崎記念(JpnI ダート2100m)が行われ、単勝元返しの圧倒的支持を集めたホッコータルマエが貫禄の勝利。8つめのGIタイトルを手にした。

スタート直後はサミットストーン(船橋)が先手を取ったが、1周目の4コーナーを回ったところでランフォルセ(JRA)がハナを奪い、サミットストーンは2番手に控えた。その後にムスカテール(JRA)、トーセンアレス(船橋)が続き、単勝1.0倍という圧倒的1番人気となったホッコータルマエ(JRA)や2番人気のハッピースプリント(大井)は5~6番手でレースを運んだ。2周目に入ってもランフォルセが飛ばして逃げ、サミットストーン以下も手を動かしての追走となったが、前半7番手につけていたカゼノコ(JRA)はポジションを上げて追走して行った。2周目4コーナー手前でランフォルセは後退し、先頭に立ったサミットストーンにホッコータルマエが並びかけ、さらに外からカゼノコが追い込んで3頭の争いとなった。最後はホッコータルマエが抜け出して、追いすがるカゼノコに4分の3馬身の差をつけて優勝。このレースの連覇を達成した。勝ちタイムは2分16秒9、勝利騎手はJRA・幸英明。3着はサミットストーン、4着ハッピースプリント、5着はイッシンドウタイ(JRA)。

ホッコータルマエは父キングカメハメハ、母マダムチェロキー(母の父Cherokee Run)の牡6歳鹿毛馬、JRA栗東・西浦勝一厩舎の管理馬。通算成績は28戦15勝(中央競馬では16戦6勝)となり、重賞勝ちは12勝目で、GI(JpnI)はこれで8勝目となった。

<レース後の関係者のコメント>

1着 ホッコータルマエ 幸英明騎手
「本当に強い馬です。今日は出たなりで行って、流れ次第では逃げることも出来ましたが、馬を信じて無理せずに行きました。勝負どころの2周目3コーナーから手ごたえも良く、直線もしっかりと伸びていたので大丈夫だと思いました。去年楽しみにしていたドバイ遠征は今年も楽しみにしています。今年1年ダート界を盛り上げていきたいと思っています」

西浦勝一調教師
「単勝1.0倍で大丈夫かなと思いましたが、幸騎手がうまく乗ってくれました。去年のJBCの後から馬が変わってきて、走ることを楽しむようになりました。今日は最初に砂をかぶって怒ったみたいですが、2周目の向正面で外に出していたので大丈夫だと思いました。直線を向いてからは、この形になれば負けない馬なので安心して見ていられました。今後については馬を見てから決めますが、ドバイには絶対行きたいと思っています」

3着 サミットストーン 石崎駿騎手
「今日はスタートがうまく切れたら逃げようと思っていました。先頭に立った後にランフォルセが来て、リズムは崩れなかったのですが、仕掛けが難しくなってしまいました。このメンバーでは全てがうまくいかないと厳しいです。惜しかったですが、甘くないです」

4着 ハッピースプリント 吉原寛人騎手
「3コーナーから4コーナーにかけて動けなかったのが最後の着差になりました。今後につなげたいと思います」

(取材:山本直)


☆第13回佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ(川崎)、山崎誠士騎手が2度目の優勝

27日(火)川崎競馬場では、中央地方のリーディングジョッキーが腕を競う「第13回佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ」が行われ、地元・川崎競馬所属の山崎誠士騎手が2年ぶり2度目の優勝を果たした。

このシリーズは第1戦・マイスターチャレンジ(ダート1500m)と第2戦・ヴィクトリーチャレンジ(ダート2100m)の2競走で争われた。マイスターチャレンジは好位で運んだダークダイナミックが抜け出して勝利、騎乗した山崎誠士騎手が50ポイント獲得。2着は御神本訓史騎手のフクジュソウ、3着は田中学騎手のジーガークリスタルで、それぞれ38ポイント、33ポイントを獲得した。

ヴィクトリーチャレンジは4コーナーで巧みに内を掬ったトーセンサミットが勝ち、山口勲騎手が50ポイント獲得。2着は御神本訓史騎手のユーコーフラッシュ、3着は山崎誠士騎手のトーセンハリケーンだった。

以上2戦の結果、第1戦1着・第2戦3着で83ポイントを獲得した山崎誠士騎手が、第11回以来2回目の優勝を果たした。2位は2戦とも2着で76ポイントの御神本訓史騎手(大井)、13着・1着で53ポイントの山口勲騎手(佐賀)が3位だった。

(神奈川県川崎競馬組合のリリースによる)


☆坂本昇調教師(船橋)地方競馬通算300勝達成

26日(月)の川崎競馬10レースでコスモリュブリューが勝ち、管理する坂本昇調教師(船橋)が地方競馬通算300勝を達成した。

坂本昇調教師は1963年生まれの51歳。96年12月24日の船橋1レース、オーゴンタイムで初出走初勝利を挙げた。300勝達成時の通算成績は2407戦300勝、重賞はこれまで5勝。またJRAで20戦1勝の成績を残している。この1勝はネイティヴハートで制した06年オーシャンS。

(千葉県競馬組合のリリースなどによる)


☆交流競走の結果

・川崎
27日(火)10レースのジャニュアリーフラワー賞(ダート1500m)はJRAのコスモノビリスが2着馬との首の上げ下げをハナ差制した。勝ちタイム1分38秒6。黒岩陽一厩舎、3戦1勝。

28日(水)9レースのガーネットフラワー賞(ダート1400m)は地元川崎のミッドストラーダが突き抜け快勝。勝ちタイム1分32秒6。八木仁厩舎、2戦2勝。

29日(木)10レースのガーネットスター賞(ダート1600m)はJRAのスリープレシャスが直線抜けだした。勝ちタイム1分45秒0。伊藤圭三厩舎、40戦2勝。

・名古屋
27日(火)9レースのアップル賞(ダート1400m)はJRA2頭のマッチレースとなり、セルリアンコスモが勝利。勝ちタイム1分28秒1。川村禎彦厩舎、9戦1勝。

・園田
28日(水)10レースの大和川特別(ダート1400m)はJRAサマーハピネスがゴール寸前差し切った。勝ちタイム1分27秒4。松元茂樹厩舎、21戦2勝。