12月16日(月)「平成25年度第3回調教師・騎手免許試験の新規合格者発表」ほか [全国競馬情報]
2013/12/16(月) 17:53
●● 重賞レースの結果 ●●

<14日(土)>
 佐賀競馬場(曇、稍重)で第1回師走賞(1750m、10頭立て)が行われた。
 ペースを落として逃げた1番人気のシゲルミカンを2周目4コーナーでとらえた3番人気のマコトタンホイザーが直線で抜け出して1分55秒9で優勝。勝利騎手は佐賀の山口勲。
 直線で伸びた2番人気のカレンレッドロックがゴール前でシゲルミカンを交わして2着、シゲルミカンは3着。
 マコトタンホイザーは父ゼンノエルシド、母マコトエンジェルス(母父コマンダーインチーフ)の牡3歳、青鹿毛。このレースがJRA佐賀への移籍初戦だった。通算20戦2勝(JRA18戦1勝)、重賞初制覇。

<15日(日)>
 水沢競馬場(曇、不良)でJRA認定の2歳重賞・第12回寒菊賞(1600m、9頭立て)が行われた。
 2周目3コーナー過ぎで先頭に並びかけた1番人気のラブバレットが、迫ってきたアオチャンなどをゴール前で振り切って優勝。タイムは1分41秒1、勝利騎手は岩手の齋藤雄一。
 2番人気のアオチャンは4コーナーで並びかけたものの、1馬身遅れての2着。5番人気のリュウノハヤテが3着。3番人気のシグラップロードが4着に入った。
 ラブバレットは父ノボジャック、母リバイバルガールの牡2歳、鹿毛。芝のレースだった8月の若鮎賞(盛岡)で6着に敗れたが、ダートではこれまでパーフェクト連対を続けている。通算8戦5勝、重賞は9月のビギナーズカップ(水沢)に続く2勝目。

 金沢競馬場(雨、不良)で第49回中日杯(2300m、11頭立て)が行われた。
 スタートから先手をとった1番人気のサミットストーン、2番手につけた2番人気のジャングルスマイルの2頭が、2周目3コーナー過ぎから後続を離す展開。直線に入るとサミットストーンがジャングルスマイルを引き離して8馬身差の圧勝。勝ちタイムは2分28秒7、勝利騎手は吉原寛人。
 2着のジャングルスマイルから2秒1離れた3着に4番人気のマイネルリボーン、3番人気のセイカアレグロは7着。
 サミットストーンは父ロージズインメイ、母タイキアプローズ(母父Devil's Bag)の牡5歳、鹿毛。今年5月までJRAのダート中距離路線で活躍し、6月に金沢へ移籍。移籍してから5連勝で、重賞3つを制覇。交流重賞の白山大賞典(JpnIII)、JBCスプリント(JpnI)は敗れたが、その後は2連勝。通算36戦11勝(JRA27戦4勝)、重賞4勝目。


●● 平成25年度第3回調教師・騎手免許試験の新規合格者発表 ●●

 NAR地方競馬全国協会は16日、平成25年度第3回調教師・騎手免許試験の合格者を発表した。

・調教師(2名)
 川島 洋人(現職:騎手、北海道・43歳)
 山口 竜一(現職:騎手、北海道・49歳)
・騎手(1名)
 池田 敦(現職:厩務員、石川・36歳)

(NAR地方競馬全国協会のリリースによる)


●● 三村展久騎手(大井)、引退 ●●

 三村展久騎手(大井・髙橋三郎厩舎)が、13日(金)付けで現役を引退することになった。

 三村騎手は昭和59年2月5日生まれ、岡山県出身。2001年4月に福山でデビューし、これまで5759戦で800勝を挙げた。

(東京シティ競馬のホームページによる)


●● 向山牧騎手(笠松)、地方競馬通算2900勝を達成 ●●

  向山牧騎手(笠松・川嶋弘厩舎)が、13日(金)の笠松競馬2レースをフレイムミーティアで勝ち、地方競馬通算2900勝を達成した。

 向山騎手は1965年7月5日生まれで、新潟県出身。1983年に新潟県競馬でデビューし、2002年に笠松へ移籍。通算15552戦目での2900勝達成となった。

 27日(金)の笠松競馬6レース終了後、笠松競馬場内のウイナーズサークルで2900勝達成記念セレモニーが開かれる。

【向山騎手のコメント】
「『後輩からは、そろそろ引退してくれないかなぁ』なんて冗談を言われますが、そんな冗談にも負けずにやってきたので、達成できたんじゃないかな(笑)」
「3000勝まであと100勝ですが、特に気負うことなく、普段通りの騎乗をし、3000勝達成を目指していきたいと思います」
「馬主さんをはじめ、調教師さんやスタッフの皆に感謝し、一鞍一鞍を大事に騎乗したいと思います。最後になりましたが。ファンの皆様、ご声援よろしくお願いします」

(笠松競馬のリリースによる)


●● 各地の主な2歳戦の結果 ●●

<13日(金)>
 笠松競馬場(曇、良)でJRA認定チャレンジ(5)(1400m、9頭立て)が行われ、6番人気のリンカスイート(佐藤友則騎手)が1分28秒8で勝利。リンカーン産駒で12戦2勝。

<15日(日)>
 佐賀競馬場(晴、稍重)で九州産馬限定戦の鹿屋特選(1400m、7頭立て)が行なわれ、1番人気のクラトリアゲイン(竹吉徹騎手)が1分32秒4で勝利。マルカダイシス産駒で7戦2勝。