12月15日(月)「中日杯(金沢)、ケージーキンカメが叩き合いを制して世代交代を決める勝利」ほか [全国競馬情報]
2014/12/15(月) 16:52
●● 重賞レースの結果 ●●

<13日(土)>
 水沢競馬場(曇、不良)で金杯トライアルの2歳重賞・第13回寒菊賞(JRA認定競走、1600m、12頭立て)が行われた。
  単勝1.0倍の圧倒的1番人気に支持されたスペクトルが逃げ、ランデックハナコ、グッドギアーが追走。直線ではスペクトルにコンクエストオール、グッドギアー、トーホクライデンが強襲したものの、スペクトルが再び突き放して逃げ切った。勝ちタイムは1分43秒4。2着には2番人気のグッドギアー、3着には4番人気のトーホクライデン、3番人気のランデックハナコは10着だった。
  スペクトルは父スニッツェル、母オトハチャン、母父チーフベアハートの牡2歳・栗毛。圧勝したデビュー戦を含め、これまで2着を外したのが1度だけという安定感を見せていたが、重賞ではまだ勝利がなく、4度目の挑戦で初制覇。通算8戦4勝。
 スペクトル騎乗の山本政聡騎手のコメント「内枠に同じタイプがいましたが、自分の(スペクトル)はスタートがとても上手。すんなり先手を取ることができました。道中で気を抜くところがあり、逆に折り合いがつくようになったのが収穫。これなら距離が伸びても大丈夫だと思います。ロールボヌールの陰に隠れていますが、スペクトルも確実に成長しているのを実感。今後どこまで力をつけていくか非常に楽しみです」
(コメントは岩手競馬のリリースによる)

<15日(月)>
 金沢競馬場(曇、不良)で第50回中日杯(2300m、11頭立て)が行われた。
 向こう正面から先頭に立った1番人気のケージーキンカメと、3コーナーで並びかけて一旦は前に出た2番人気のジャングルスマイルの叩き合いが直線半ばまで続き、最後はケージーキンカメが2馬身突き放して優勝。2分31秒0のタイム、勝利騎手は青柳正義。
 ジャングルスマイルが2着、3番人気のナンディンが3着で、上位3着までは人気順通りの決着となった。
 ケージーキンカメは父キングカメハメハ、母ケージーワンモア(母父フジキセキ)の牡3歳・黒鹿毛。JRAから今年3月に金沢へ移籍。6月に遠征した東海ダービー(名古屋)で重賞初制覇を挙げると、9月には金沢でサラブレッド大賞典を制した。金沢で2010年から重賞戦線の中心に君臨したジャングルスマイルとは、11月の北國王冠に続いて2度目の対戦で、前回に続き、今回も勝利。金沢競馬の世代交代を印象付けた。通算19戦9勝(中央5戦0勝)。



●● 東京大賞典(GI)の出走予定馬 ●●

 29日(月)に大井競馬場で行われる東京大賞典(GI)の出走予定馬、補欠馬が特別区競馬組合から発表された。海外馬と地方所属馬から回避馬が出た場合は地方補欠馬から、JRA所属馬から出た場合はJRA補欠馬から繰り上がる。出走投票は25日(木)に行われる。

【海外馬】
ソイフェット(Soi Phet、アメリカ) 未定

【地方所属馬】
カリバーン(大井) 未定
グランディオーソ(大井) 未定
サミットストーン(船橋) 石崎駿
タッチデュール(笠松) 未定
ツルオカオウジ(大井) 未定
トーセンアレス(浦和) 未定
ハッピースプリント(大井) 吉原寛人
ハブアストロール(大井) 左海誠二
ユーロビート(大井) 未定

【JRA所属馬】
クリソライト(栗東) 未定
コパノリッキー(栗東) 田辺裕信
ナムラビクター(栗東) 小牧太
ホッコータルマエ(栗東) 幸英明
ローマンレジェンド(栗東) 岩田康誠
ワンダーアキュート(栗東) 未定

(地方補欠馬)
ゴーディー(大井) 未定
ドラゴンエアル(川崎) 未定
トウホクビジン(笠松) 未定
フォーティファイド(大井) 未定
アウトジェネラル(大井) 未定
プレティオラス(大井) 本橋孝太
バトードール(船橋) 未定
ゴールドバシリスク(船橋) 未定
ケイアイヘルメス(大井) 未定
キタノイットウセイ(門別) 未定
シルクメビウス(門別) 未定
コスモイーチタイム(大井) 未定
アントニオピサ(大井) 未定
ブルロック(大井) 未定
スーパーパワー(笠松) 未定
クロスオーバー(高知) 未定

(JRA補欠馬)
ロイヤルクレスト(美浦) 古川吉洋
メイショウコロンボ(栗東) 未定
フィールザスマート(美浦) 未定
フレージャパン(栗東) 未定
ドコフクカゼ(栗東) 未定



●● 14日(日)の金沢競馬が開催取り止めに ●●

 12月14日(日)の金沢競馬は、降雪により開催が取り止めとなり、15日(月)に順延となった。

(金沢競馬のリリースによる)



●● 岩手競馬、ゴールデンジョッキーシリーズの出場騎手を発表 ●●

 岩手県競馬組合は、12月22日(月)、12月28日(日)、1月11日(日)の3戦で争う「ゴールデンジョッキーズシリーズ」の出場騎手を発表した。シリーズには、第8回水沢競馬が終了した時点でのリーディング上位12名が出場する。出場騎手は以下の通り。

 1位 村上  忍
 3位 齋藤 雄一
 4位 高松  亮
 5位 関本  淳
 6位 山本 政聡
 7位 高橋 悠里
 8位 菅原 俊吏
 9位 南郷 家全
 10位 坂口 裕一
 11位 木村  暁
 12位 陶  文峰
 13位 大坪  慎(2位の山本聡哉騎手が負傷で出場できないため繰り上がり)



●● 吉原寛人騎手(金沢)、28日から川崎で期間限定騎乗 ●●

 神奈川県川崎競馬組合は12日、吉原寛人騎手(金沢)が期間限定騎乗を行うことを発表した。なお、当初は2015年1月1日としていた騎乗開始日を早め、今月28日から騎乗することになった。

 期間中は内田勝義厩舎(川崎)の所属となり、川崎競馬だけでなく南関東4競馬場でも騎乗できる。



●● 各地の2歳戦の結果 ●●

<12日(金)>
・浦和競馬場(曇、稍重)
 1レースのドリームチャレンジ(新馬・未受賞混合戦、800m、8頭立て)はオーバーザタイトル(杉村一樹騎手)が49秒2で勝利。タイキシャトルで4戦目の初勝利。
・笠松競馬場(晴、重)
 1レースの3組(1400m、10頭立て)はフェードロワが1分30秒6で勝利。ファスリエフ産駒で12戦2勝。
 9レースの準重賞・第1回ジュニアキング(JRA認定競走、1400m、10頭立て)はティープリーズ(尾島徹騎手)が1分29秒0で勝利。アジュディミツオー産駒で11戦5勝。
 10レースの冬の花賞(2組特選、1400m、9頭立て)はユーセイエンジェル(佐藤友則騎手)が1分30秒7で勝利。フサイチホウオー産駒で10戦3勝。

<13日(土)>
・高知競馬場(晴、重)
 1レースの3組(1300m、12頭立て)はブルージャスティス(赤岡修次騎手)が1分26秒7で勝利。シンボリクリスエス産駒で7戦2勝。
・佐賀競馬場(曇、不良)
 1レースの8組(1300m、12頭立て)はマツノテンカムテキ(山口勲騎手)が1分28秒2で勝利。ダンスインザダーク産駒で初出走初勝利。
 2レースの6組(1300m、7頭立て)はシゲルジダイマツリ(山口勲騎手)が1分26秒5で勝利。カネヒキリ産駒で6戦1勝。

<14日(日)>
・水沢競馬場(曇、不良)
 1レースのB2(1400m、8頭立て)はチェリーマーシャル(村上忍騎手)が1分33秒4で勝利。チェリークラウン産駒で7戦1勝。
 2レースのB1(1400m、9頭立て)はリュウノリボン(高松亮騎手)が1分31秒6で勝利。サムライハート産駒で15戦2勝。
・佐賀競馬場(曇、不良)
 1レースの7組(1300m、8頭立て)はシゲルルミナリエ(田中純也騎手)が1分27秒9で勝利。ディープスカイ産駒で8戦1勝。

<15日(月)>
・水沢競馬場(曇、不良)
 1レースのC1一組(1300m、8頭立て)はハッピーボーイ(村上忍騎手)が1分27秒3で勝利。スターリングローズ産駒で4戦1勝。
・川崎競馬場(晴、良)
 1レースの4組(1500m、9頭立て)は船橋のキタノルビー(御神本訓史騎手)が1分38秒7で勝利。アドマイヤオーラ産駒で6戦3勝。
 2レースの3組(1500m、9頭立て)は船橋のスターローズ(山崎誠二騎手)が1分37秒9で勝利。スマートボーイ産駒で10戦4勝。
・金沢競馬場(雨、不良)
 1レースの5組(1400m、8頭立て)はアポロシャドウ(藤田弘治騎手)が1分33秒6で勝利。ブラックタイド産駒で6戦1勝。
 2レースの4組(1500m、9頭立て)はベニバナオンリー(藤田弘治騎手)が1分39秒6で勝利。
 3レースのポインセチア賞(3組以下牝馬限定戦、1500m、8頭立て)はミッドウェイガール(池田敦騎手)が1分40秒7で勝利。ソングオブウインド産駒で8戦2勝。