1月19日(月)「三条場外発売所(旧三条競馬場)、3月24日に閉鎖へ」ほか [全国競馬情報]
2015/01/19(月) 17:30
●● 重賞レースの結果 ●●

<17日(土)>
 佐賀競馬場(晴、不良)で第2回サイネリア賞(1400m、9頭立て)が行われた。
 1コーナーで先頭に立った1番人気のエーティーランボーがそのまま押し切った。勝ちタイムは1分28秒8、騎乗は田中直人。
 2番人気のバカニシナイデヨが2着、8番人気のトウカイクオーレが3着、3番人気のパブロワは7着だった。
 エーティーランボーは父ホワイトマズル、母ヒカルトルネード(母父フォーティナイナー)の牡7歳・鹿毛。JRAから2013年7月に佐賀へ移籍。2014年5月の九千部山賞(佐賀)で7着だった後、休養に入っていたが、12月に戦列復帰。このレースで1年5ヶ月ぶりの重賞2勝目を挙げた。通算37戦7勝(中央28戦2勝)。

<18日(日)>
 高知競馬場(晴、不良)で第4回大高坂賞(1400m、9頭立て)が行われた。
 1番人気のサクラシャイニーが逃げると、そのまま後続を突き放して圧勝。1分28秒9のタイムで人気に応えた。勝利騎手は赤岡修次。
 2番人気のバーチャルトラックが6馬身差の2着、さらに7馬身の差が開いて、6番人気のザグが3着、3番人気のマサノエクスプレスは7着だった。
 サクラシャイニーは父サクラプレジデント、母サクラフューチャー(母父サクラユタカオー)の牡9歳・栗毛。JRAから2014年5月に高知へ移籍。12月には、交流重賞の兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII)でも3着に入る活躍を見せた。通算48戦8勝(中央42戦4勝)、重賞2勝目。

 佐賀競馬場(晴、不良)で3歳牝馬による第56回花吹雪賞(1800m、10頭立て)が行われた。
 逃げた1番人気のユズチャン(佐賀)が迫ろうとする後続各馬を振り切った。勝ちタイムは2分00秒6、勝利騎手は山口勲。
 2着に2番人気のブルージャスティス(高知)、3着に5番人気のプリンセスボーラー(高知)、3番人気のワットプラケオ(佐賀)は4着だった。
 ユズチャンは父カネヒキリ、母セイリングシップ(母父クロフネ)の3歳牝馬・栗毛。3戦目の佐賀若駒賞(佐賀)で1/2馬身差の2着に敗れ、連勝は2でストップしたが、このレースで勝利し、初重賞制覇を飾った。通算4戦3勝。



●● 三条場外発売所(旧三条競馬場)、3月24日に閉鎖へ ●●

 大井競馬専用場外発売所の三条場外発売所(新潟県三条市)は、施設の老朽化により、1月23日をもって勝馬投票券の発売を終了し、60日後の3月24日に払戻業務を終了することになった。
 三条場外発売所は2002年4月から、廃止した三条競馬場の施設を使い、大井競馬専用の場外発売所となった。この閉鎖により、新潟県内の大井競馬場外発売所はオフト新潟、オープス中郷の2ヶ所となる。

(大井競馬場の公式ホームページによる)





●● ダリル・ホランド騎手、大井で騎乗開始 ●●

 ダリル・ホランド騎手が19日(月)、短期免許を取得した大井競馬場で騎乗を開始。初日は5戦に騎乗し、2着が最高だった。
 ホランド騎手は大井競馬場の藤田輝信厩舎に所属し、勝負服は「緑」。

(南関東4競馬場の公式ホームページによる)