11月25日(月)「栗駒賞(水沢)、ドリームクラフトが後続を離す」ほか [全国競馬情報]
2013/11/25(月) 17:47
●● 重賞レースの結果 ●●

<23日(土)>
 水沢競馬場(曇、不良)で第25回栗駒賞(サムライハート賞、1400m、12頭立て)が行われた。
 中団の後ろに位置し、向正面から上がっていった4番人気のドリームクラフトが4コーナーで先頭に並ぶと後続を5馬身離して快勝した。勝ちタイムは1分25秒8、勝利騎手は岩手の陶文峰。
 1番人気のランドオウジは3コーナー過ぎから先頭に並びかけたものの、勝ち馬の決め手に屈して2着。後方から追い込んだ7番人気のスズヨシーズンが3着に入った。逃げた3番人気のライトマッスルは8着、2番人気のコスモフィナンシェは10着に敗れた。
 ドリームクラフトは父アグネスデジタル、母マイネスプレンダー(母父サンデーサイレンス)の牡7歳、栗毛。岩手の平澤芳三厩舎所属。JRAから今年3月に岩手へ移籍。7月の岩鷲賞で重賞制覇して以来、重賞は2勝目。通算47戦6勝(中央33戦3勝)。

<24日(日)>
 帯広競馬場(晴、馬場水分2.2%)で第4回ドリームエイジカップ(200m、10頭立て)が行われた。
 ほとんどの馬が同時に第2障害へと挑む中、先頭で下りた7番人気のトレジャーハンターがゴール前で一旦休んだもののもうひと伸びして優勝。勝ちタイムは1分56秒6、勝利騎手は浅田達矢。
 勝ち馬を追った5番人気のホクショウユウキが2着、8番人気のホクショウダイヤが3着。1番人気のニュータカラコマが9着、2番人気のオイドンが4着、3番人気のギンガリュウセイは7着に敗れた。
 トレジャーハンターは父アサヒホウザン、母クインフェアー(母父ヒカルテンリュウ)の牡6歳、鹿毛。重賞は2011年3月のとかちマッシュ杯ポプラ賞以来の2勝目。通算126戦26勝。

 水沢競馬場(晴、重)で3歳の全国交流重賞、第26回ダービーグランプリ(クロフネ賞、2000m、12頭立て)が行われた。
 2周目向正面で一気に上がっていったミータロー(北海道)を待ち受けて一騎打ちに持ち込んだ1番人気のジェネラルグラント(船橋)が直線で引き離して圧勝。勝ちタイムは2分05秒7、勝利騎手は石崎駿。
 ミータローが2着、先行集団の一角につけたエーシンクリアーが3着、3番人気のクラグオー(北海道)が4着、2番人気のエスケイロード(船橋)は7着だった。
 ジェネラルグラントは父ロージズインメイ、母グリントウィーク(母父スペシャルウィーク)。船橋の出川克己厩舎所属。2012年6月に北海道でデビュー。同年10月のサンライズカップ(門別)で重賞初制覇すると、シーズンオフには南関東へ移籍。全日本2歳優駿(JpnI)で2着と好走すると、今年に入っては京浜盃で重賞2勝目を挙げたが、南関東クラシックではいずれも敗れており、久々の重賞制覇となった。通算12戦5勝(中央2戦0勝)。


●● 尾島徹騎手(笠松)、地方競馬1000勝を達成 ●●

 22日(金)の笠松7レースをエーシンエムホープが勝ち、騎乗していた尾島徹騎手(笠松)が地方競馬通算1000勝を達成した。

 尾島騎手は1984年生まれの29歳で、愛知県出身。マルヨフェニックスとのコンビで2007年黒潮盃(大井)、2009年スパーキングサマーカップ(川崎)を勝つなどこれまでに重賞を5勝している。

 尾島騎手は「1000勝を達成できたのは、馬主さんを始め、関係者の皆さん、ファンの皆さんのおかげだと思っています。2000勝を目指し、よりよいレースでファンの皆様を魅了できるように頑張りますので、温かいご声援をよろしくお願いします」とコメントした。

(笠松競馬のリリースによる)


●● 大井で期間限定騎乗中の桑村真明騎手、初勝利 ●●

 24日(日)の大井競馬2レースでダムツァが勝ち、騎乗していた桑村真明騎手が期間限定騎乗中の初勝利を挙げた。

 桑村騎手は今年スーパーパワーとのコンビで星雲賞、赤レンガ記念を制している。北海道では角川秀樹厩舎の所属だが、期間限定騎乗中は森下淳平厩舎(大井)に所属している。

(TCK特別区競馬組合のリリースによる)


●● 2歳戦の結果 ●●

<22日(金)>
・浦和競馬場(晴、良)
 1レースの新馬戦(800m、5頭立て)はマツリダゴッホ産駒のパーシヴァル(内田利雄騎手)が49秒7で勝利。

<23日(土)>
・水沢競馬場(晴、不良)
 1レースのC1二組(1300m、9頭立て)はダンストンリアル(高松亮騎手)が1分22秒4で勝利。ブラックホーク産駒で6戦1勝。

・高知競馬場(晴、稍重)
 1レースの2歳2組(1300m、7頭立て)はバナージ(別府真衣騎手)が1分30秒5で勝利。スクワートルスクワート産駒で13戦目の初勝利。
 2レースの篠畑孝行様送る会 8年間・お疲れ様特別(2歳1組、1300m、7頭立て)はエイシンカシオペア(須藤優騎手)が1分28秒1で勝利。コンデュイット産駒で11戦2勝。

・佐賀競馬場(晴、良)
 2レースの2歳4組(1300m、6頭立て)はキスザブライド(倉富隆一郎騎手)が1分28秒3で勝利。アドマイヤジャパン産駒で4戦1勝。

<24日(日)>
・水沢競馬場(晴、不良)
 1レースのひとめぼれせんべい杯(C2一組、1300m、9頭立て)はルレーヴドパピヨン(南郷家全騎手)が1分22秒9で勝利。チチカステナンゴ産駒で5戦1勝。

・大井競馬場(晴、良)
 1レースの新馬戦(1600m、8頭立て)はクロフネ産駒のシェキナー(今野忠成騎手)が1分45秒8で勝利。
 2レースの新馬戦(1800m、12頭立て)はアドマイヤドン産駒のダムツァ(桑村真明騎手)が2分00秒0で勝利。

・佐賀競馬場(晴、良)
 2レースの2歳5組(1300m、7頭立て)はシゲルカズサ(山下裕貴騎手)が1分26秒7で勝利。スウィフトカレント産駒で5戦1勝。

<25日(月)>
・水沢競馬場(曇、稍重)
 1レースのC2二組(850m、8頭立て)はメイショウサムソン産駒のランデックヴェスパ(村上忍騎手)が52秒9で勝利。JRAからの移籍初戦、3戦目の初勝利。

・大井競馬場(曇、良) 
 1レースの新馬戦(1200m、13頭立て)はアピア(御神本訓史騎手)が1分13秒1で勝利。ファスリエフ産駒。