10月10日(木)「白山大賞典(金沢)はエーシンモアオバーが逃げ切る」ほか [全国競馬情報]
2013/10/10(木) 18:13
●● 白山大賞典はエーシンモアオバーが逃げ切る ●●

 8日(火)、金沢競馬場ではダートグレードレースの第33回・白山大賞典(JpnIII・2100m)が行われ、4番人気のエーシンモアオバー(牡7)が逃げ切った。鞍上は岩田康誠騎手。勝ち時計は2分13秒6(良)。半馬身差2着は60kgを背負いながら好位インコースから差を詰めたハタノヴァンクール(牡4)、ハナ差3着は好位外目から早めに動こうとしたシビルウォー(牡8)、4馬身離れた4着は2番手追走から失速したフリートストリート(牡4)と、JRA勢が上位を独占。地方馬では3番手で運んだ地元・金沢のサミットストーン(牡5)の5着が最高。

 勝ったエーシンモアオバーは父マンハッタンカフェ、母オレゴンガール、母の父ルビアノと言う血統の牡7歳。JRA栗東の沖厩舎所属。昨年の名古屋グランプリに続いて重賞2勝目。通算成績は40戦10勝。


●● 各地の重賞レースの結果 ●●

<9日(水)>
 川崎競馬場(晴、稍重)で第12回鎌倉記念(全日本2歳優駿トライアル、1500m、12頭立て)が行われた。
 逃げた1番人気のウィーゴー(川崎)と、2番手につけていた2番人気のニシノデンジャラス(北海道)が3コーナー手前で並ぶと、直線の半ばまで叩き合いを続ける。残り200mを切ったあたりでニシノデンジャラスが抜け出すと、後続を5馬身離しての圧勝。勝ちタイムは1分35秒9、勝利騎手は川崎の今野忠成。
 3番手集団の内にいた5番人気のファーストキス(船橋)がゴール前でウィーゴーを交わして2着に上がった。逃げたウィーゴーは3着、3番人気のソードオブホロウ(船橋)が11着。
 ニシノデンジャラスは父スペシャルウィーク、母フォレストゾーン(母父Forest Wildcat)の牡2歳・栗毛。5月に門別でデビュー。初戦を勝った後、ブリーダーズゴールドジュニアカップ(門別)で2着となるなど、3戦続けて惜敗を続けていたが、このレースで待望の2勝目を挙げるとともに、初重賞制覇を飾った。

 園田競馬場(晴、不良)で第53回姫山菊花賞(1700m、9頭立て)が行われた。
 先手を奪ってマイペースの逃げを打った7番人気のダイナミックグロウ(兵庫)が、2周目3コーナーで並びかけたピッチシフター(愛知)を振り切ると、ゴール前はホクセツサンデー(兵庫)の追撃もアタマ差退けて逃げ切った。勝ちタイムは1分48秒4、勝利騎手は兵庫の永島太郎。
 ホクセツサンデーは2着、ピッチシフターは1馬身1/2差の3着。2番人気のサイモンロード(愛知)は9着に敗れた。
 ダイナミックグロウは父テイエムオペラオー、母グリーンインディ(母父A.P.Indy)の牡9歳・鹿毛。JRAではダートの中距離を中心にオープンクラスまで勝ち上がった。障害戦を走った後、2011年10月に兵庫へ移籍。特別戦ではこれまで3勝を挙げていたが、重賞では2着、3着がそれぞれ2度あるなど惜敗が続いていた。通算50戦10勝で重賞初制覇。

<10日(木)>
 笠松競馬場(晴、良)で北陸・東海・近畿の3歳交流重賞・第37回岐阜金賞(1900m、10頭立て)が行われた。
 中団の後ろに位置していた6番人気のエーシンクリアー(兵庫)が、馬群の間をさばくとゴール前で差し切って優勝。勝ちタイムは2分04秒9、勝利騎手は兵庫の田中学。
 先行集団の後ろからレースを進めた1番人気のモズオーロラ(兵庫)は直線で一旦は先頭に立つものの、勝ち馬に差されて2着。2番手から4コーナーで先頭に立った7番人気のエイシンルンディーが3着に粘り込んだ。3番人気のマルヨスバルは8着、2番人気のウォータープライドは10着に敗れた。
 エーシンクリアーは父エイシンサンディ、母キャントンガール(母父Storm boot)の牡3歳・鹿毛。2012年6月に園田でデビュー。これまで2012年10月の兵庫若駒賞、12月の園田ジュニアカップで重賞を制しており、これで重賞3勝目。通算13戦9勝。

●● 田中淳司調教師(北海道)、通算400勝達成 ●●

 8日(火)の門別6レースでヒミノコンドルが勝ち、管理している田中淳司調教師が通算400勝を達成した。
 田中調教師は2007年に管理馬が初出走してから、2103戦目の記録達成。2010年からは毎年重賞を制し、今年はミータローが北海優駿(門別)を制するなど5勝を挙げ、通算の重賞勝利は14勝。

(ホッカイドウ競馬のリリースによる)


●● 八木正喜調教師(川崎)、通算200勝達成 ●●

 8日(火)の川崎7レースでトキノゲッコウが勝ち、管理している八木正喜調教師(川崎)が通算200勝を達成した。
 八木調教師は1997年にデビューし2131戦目での記録達成。2001年の鎌倉記念、2002年の戸塚記念(ともに川崎)をジェネスアリダーで勝っている。

(川崎競馬のホームページによる)


●● 門別で「2013ダービージョッキーズスペシャル」が行われることに ●●

 29日(火)に門別競馬場で「2013ダービージョッキーズスペシャル」と題したレースが実施されることになった。
 「2013ダービージョッキーズスペシャル」は、中央、地方の各地で行われた今年のダービーを制した騎手たちが騎乗する。参加騎手は以下の通り。

 武豊(JRA、第80回日本ダービー優勝)
 内田博幸(JRA、第15回ジャパンダートダービー優勝)
 服部茂史(北海道、第41回北海優駿(ダービー)優勝)
 高松亮(岩手、第33回岩手ダービーダイヤモンドカップ優勝)
 左海誠二(船橋、第59回東京ダービー優勝)
 兒島真二(愛知、第43回東海ダービー優勝)
 坂本和也(兵庫、第14回兵庫ダービ優勝ー)
 永森大智(高知、第41回高知優駿(黒潮ダービー)優勝)
 山口勲(佐賀、第55回九州ダービー栄城賞優勝)

(ホッカイドウ競馬のホームページによる)

●● JRAとの交流レースの結果 ●●

<8日(火)>
・川崎競馬場(晴、重)
 9レースのオクトーバースター賞(JRA3歳以上500万下・南関東B2B3、1600m、10頭立て)はJRAのコスモソウタ(松岡正海騎手)が1分41秒5で差し切った。通算15戦3勝(中央11戦0勝)。

・金沢競馬場(曇、良)
 9レースの兼六園賞(JRA3歳以上500万下・金沢A3以下、1400m、11頭立て)はJRAのハッピーストーリー(岩田康誠騎手)が直線で抜け出して1分28秒9で勝利。通算12戦3勝(中央10戦1勝)。

<9日(水)>
・笠松競馬場(曇、稍重)
 10レースの三番叟特別(JRA3歳以上500万下・東海A3、1400m、10頭立て)はJRAのキークッキー(藤岡康太騎手)が1分26秒7で逃げ切った。通算7戦2勝(中央4戦0勝)。


●● 各地の2歳戦の勝馬 ●●

<8日(火)>
・門別競馬場(曇、良)
 2レースの未勝利(1000m、11頭立て)はレーヘンボーフ(岩橋勇二騎手)が1分01秒5で勝利。ワイルドラッシュ産駒で4戦1勝。
 3レースの未勝利(1200m、10頭立て)はクラデジャブー(小国博行騎手)が1分16秒0で勝利。ファンタスティックライト産駒で10戦1勝。

・川崎競馬場(晴、重)
 2レースのサンライズ賞(2組特選、1400m、11頭立て)はセイントレガシー(本橋孝太騎手)が1分30秒8で勝利。スズカマンボ産駒で4戦1勝。
 5レースのJRA認定秋風特別(1組、1500m、8頭立て)はエドノミリアン(今野忠成騎手)が1分37秒0で勝利。メイショウボーラー産駒で3戦2勝。

・金沢競馬場(晴、良)
 1レースのやましろ湯の曲輪浪漫特別(1組、1500m、6頭立て)はフリオグレイスー(吉田晃浩騎手)が1分37秒7で勝利。サムライハート産駒で6戦2勝。
 2レースの金木犀賞(2組以下、牝馬限定戦、1400m、9頭立て)はカガノニシキ(青柳正義騎手)が1分33秒9で勝利。ブラックホーク産駒で5戦1勝。

<9日(水)>
・門別競馬場(雨、重)
 1レースの未勝利(1700m、9頭立て)はフジノピューマ(石川倭騎手)が1分52秒3で勝利。マヤノトップガン産駒で4戦1勝。
 4レースのオータムライト級カップ1(前走馬体重420kg以下、未勝利戦、1000m、11頭立て)はプリティモンスター(伊藤千尋騎手)が1分01秒5で勝利。ヨハネスブルグ産駒で6戦1勝。
 5レースの5組(牝馬限定戦、1200m、7頭立て)はイエスアイキャン(桑村真明騎手)が1分14秒0で勝利。スマートボーイ産駒で6戦2勝。
 6レースのオータムライト級カップ2(前走馬体重420kg以下、未勝利戦、1000m、11頭立て)はエンドゾーン(井上幹太騎手)が1分01秒5で勝利。フジキセキ産駒で5戦1勝。
 9レースのオープン(1200m、10頭立て)はワンダフルタイム(宮崎光行騎手)が1分13秒5で勝利。サウスヴィグラス産駒で7戦3勝。

<10日(木)>
・笠松競馬場(晴、良)
 1レースの7組(800m、9頭立て)はテヘペロ(池田敏樹騎手)が49秒8で勝利。サウスヴィグラス産駒で2戦1勝。
 2レースの6組(1400m、9頭立て)はマユノトップスター(尾島徹騎手)が1分31秒9で勝利。アグネスデジタル産駒で2戦1勝。
 3レースの5組(1400m、8頭立て)はカツゲキエース(大塚研司騎手)が1分32秒4で勝利。ヴィクトリー産駒で8戦1勝。
 4レースの4組(1400m、9頭立て)はシュヴァリエガール(尾島徹騎手)が1分31秒6で勝利。エイシンサンディ産駒で3戦1勝。

・園田競馬場(晴、重)
 4レースの二組(1400m、12頭立て)はラフィネハート(北野真弘騎手)が1分33秒7で勝利。タニノギムレット産駒で4戦1勝。