【トップ100・GIレース】天皇賞(春)が世界最高峰の長距離レース、JCは世界7位に [News]
2016/01/20(水) 14:37
IFHA(国際競馬統括機関連盟)が2013~2015年(※)のレースレーティング(上位4頭のレーティング平均値)をもとに、世界のトップ100・GIレースを発表した。
(※:南半球の開催日割を採用しているオーストラリア・香港などは2012/2013年シーズンから2014/2015年シーズンまで)

1位は凱旋門賞(フランス)、2位はブリーダーズカップ・クラシック(アメリカ)、3位はインターナショナルステークス(イギリス)だった。日本では7位にジャパンカップが入ったほか、10競走がランクインした。ランクインした競走数としてはオーストラリア(23競走)、アメリカ(21競走)、イギリス(17競走)に続いて、4位タイとなった(フランス・香港と同数)。また、天皇賞(春)がセントレジャー(イギリス、78位タイ)などを抑え、Extendedカテゴリー(2700メートルを超える)で世界トップとなる42位タイにランクインした。日本のレースでランクインした10競走は以下のとおり。

7位 ジャパンカップ
11位 有馬記念
30位 宝塚記念
37位 天皇賞(秋)
41位 安田記念
42位 天皇賞(春)
63位 東京優駿(日本ダービー)
81位 皐月賞
90位 マイルチャンピオンシップ
93位 スプリンターズステークス

(JRAからのリリースによる)